ウォーターサーバー大事典

まるで嘘みたいに赤ちゃんが安心、安全に飲めてしまうウォーターサーバーの基礎知識についてお伝えしていきます。こちらのサイトを見れば、そもそもウォーターサーバーの水って安全なのか。色々な種類があるけれども、どれが赤ちゃんにとって一番おすすめなのか。年間の維持費はどれくらいかかるか。キャンペーンでお得に購入することができるのかなど、様々な疑問やお悩みを解決することができます。初めてご購入される方も、すでにお持ちの方も是非ご覧ください。

速報!赤ちゃんによるウォーターサーバーイタズラ対処法

チャイルドロック機能でイタズラ防止

 

ウォーターサーバーでの事故で一番多いのが、赤ちゃんによるイタズラです。生まれたばかりであれば問題ないですが、1歳前後ではウォーターサーバーに手が届いてしまい、図らずも温水が出て火傷をしてしまった事例が多数あります。

 その基本対策としてオススメしたいのが、「チャイルドロック機能」がついたウォーターサーバーです。

今ではほとんどのウォーターサーバーについているかと思いますが、くれぐれもチャイルドロック機能がついていないものは選ばないでください。 チャイルドロック機能とは、赤ちゃんが誤って温水を出してしまわないように、レバーを固定するというものです。

小さな子どもが触ったくらいではびくともしないので、これがあるだけで安心です。 メーカーによっては、温水と冷水の両方にチャイルドロック機能がついたウォーターサーバーを提供しているので、念のためにそちらを購入してみるのもいいですね♪

ne2vqfuo83pxmjf1434332196_1434332236.jpg

 

ウォーターサーバー各社チャイルドロック機能

 

それでは各社のチャイルド機能について見ていきましょう。

 ● コスモウォーター

こちらは、温水・冷水どちらもチャイルドロック機能がついたウォーターサーバーです。おすすめポイントは、レバーの操作によってチャイルドロック機能をつけることもつけなくすることも可能なところです。赤ちゃんが成長して、学習したタイミングで機能をつけないということも可能ですね。

 ● フレシャス

こちらも、温水・冷水ともにチャイルドロック機能がついたウォーターサーバーです。おすすめポイントは、温水にカバーをつけることができることです。しかもこのカバーは非常に固いため、赤ちゃんや小さい子供は簡単に取り外すことができないので、火傷の事故を大きく防ぐことができます。

 ● クリクラ

こちらは基本、温水にのみチャイルドロック機能がついたウォーターサーバーですが、申し出れば冷水にも機能を搭載することができます。おすすめポイントは、操作性の難しさです。 温水・冷水ともにレバーを奥に押しながら下方向に下げると出るのですが、この操作は小さいお子さんには難しく、力も必要です。

そのため、簡単にはイタズラができない仕様となっています。 私自身、フレシャスのチャイルドロック機能が、赤ちゃんのイタズラ防止に一番おすすめです。みなさんはどれがお好みでしょうか?

 

赤ちゃんの届かない場所に置こう

 

チャイルドロック機能がついたウォーターサーバーを買いさえすればもう安心という方もいらっしゃるかと思いますが、赤ちゃんを危険から守るため、最後に以下のような対策をおすすめします。

bxaltbkvvilu15y1434332468_1434332525.jpg

 

 ● そもそもイタズラできない場所に設置する

これが一番安心ですね。そもそも赤ちゃんの目に留まらない場所に設置することやできるだけ安全な場所に設置するなど工夫次第で、大きな事故防止になります。

卓上タイプを選ぶ

ウォーターサーバーの中には、実は卓上タイプのものあります。これを赤ちゃんの手の届かない机や棚の上などに置くことでイタズラ防止に繋がります。ただし、地震など想定外の揺れがあるので、それを拍子に倒れてしまうことのないよう十分注意したいところです。

 ● コード事故も想定する

ウォーターサーバーに限らず、赤ちゃんが長いコードにひっかかって転んでしまうことがあります。ですから、コードを短めにしたり、たこ足などを使わず直接コンセントに差し込んでください。

ウォーターサーバーに関する不慮の事故は、工夫次第で大きく回避することができます。大切な赤ちゃんのためにも、色々な工夫をして危険から守ってあげましょう!



  
Copyright © 2009 ウォーターサーバー大事典 . All rights reserved